上野中央通り商店会


メニュー

報道関連・マスメディア様等に関するお問い合わせは

上野中央通り商店会
【TEL】
03-3833-0030
【FAX】
03-3833-3053
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
土・日・祝

上野のイベント

2008年お祭り特集2―御神輿追っかけ編

お祭りスタイルが小粋に決まったところで、いよいよ御神輿に迫ります。
え?そもそもお祭りって何のためにあるの、ですって?そんなお祭りビギナーの方もご安心を。
上野事典でさらりとご紹介いたします。

2008年お祭り特集2―御神輿追っかけ
2008年お祭り特集2―御神輿追っかけ

2008年は、連日の雨の残る中、お昼の12時から夜の20時まで、お神輿が上野中※を練り歩きました。上野の五條様(氏神)の氏子(≒町会)はそれぞれの町会の半纏を着込みそれぞれの町会ごとに担いで行きます。遠目から見ているだけでは分からないことですが、同じ祭でも何種類も半纏があるんです。町会ごとに違うので当然のことなんですが、意外と隠れた見所のひとつ。半纏を追いかけるだけでも面白いです。町会の名前を想像できる柄と色になっています。男性の場合、違う半纏を着てお神輿を担ごうとすると、パンチが飛んでくるとか。本来、その町会(氏子)ごとに氏神に感謝してお神輿(氏神の乗り物&乗っている氏神)を担ぐわけですから、理由を知っていれば納得ですね。知らないとびっくりしてしまいますのでご注意を。

※上野には大きく五條天神社と下谷神社をそれぞれ氏神と祀っている氏子がいます。つまりひとつの街でも町会によって祀っている神様が違うということなのです。御神輿は神様が乗っているわけですから、その神様が納めているところはそのお神輿が通るように決まっているのです。

▲pagetop