上野中央通り商店会


メニュー

報道関連・マスメディア様等に関するお問い合わせは

上野中央通り商店会
【TEL】
03-3833-0030
【FAX】
03-3833-3053
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
土・日・祝

上野のイベント

2008年お祭り特集1―スタイル編

5月は台東区で夏の訪れとともにお祭りムード一色になります。上野でも今年は大祭が催されました。11日~13日までは下谷神社大祭が、23日~25日は五條天神社大祭が行われました。
今までお祭りに縁のない私でしたが、今回五條天神社大祭では初めて半纏に袖を通し御神輿を担ぎ、下町上野の粋な方々に出会ってまいりました。
普段何気なく利用していた上野駅でしたが、この日は普段に増して人、人、人…人の海。大勢の人が集まって、とてつもなく大きくて立派な御神輿が上野のほそーい路地という路地を、担ぎ手の異様なまでの熱気と掛け声とともに練り歩きました。
五條天神社大祭では、23日の「御霊入れ(みたまいれ)」という儀式から、25日、雨残る日曜日12時の「宮出(みやだし)」から20時の「宮入(みやいり)」までのお祭の様子をかじりかじりご報告します。お祭り馴染み薄な方も、上野に馴染み薄な方も、もちろん上野LOVEな方も、ぜひ読んでみてください。
2008年お祭り特集2―御神輿追っかけ

何事もまずは格好から。手軽に「小粋」なお祭りスタイルをご紹介いたします。


鯉口シャツ 鯉口シャツ

白色かお好みの柄でもOK!女性は腹掛けをしないなら、かわいい色がお勧め。いつもは着慣れないハデハデシャツも、お祭りスタイルではおしゃれの肝。思い切りかわいい柄を選びましょう。
  股引き(ぱっち) 股引き(ぱっち)

スリムなデニムパンツ。足の長さ・太ももの周囲・ふくらはぎの周囲、の3サイズを測り、自分にピッタリなサイズを見つけてもらいます。色は、白・黒・紺・柄物といろいろあります。本格的な藍染は足が真っ青に染まるので注意が必要。柄物ではずしを利かせて、自分流にアレンジするのも粋です。
腹掛け(どんぶり) 腹掛け(どんぶり)

エプロンみたいなもの。真ん中に大きなポケットがついていて、小物の収納が可能。ドラえもんの4次元ポケットみたいで結構入ります。
  扇子(せんす) 扇子(せんす)

帯に挟んだり、手に持ったりとアクセサリー的なもの。
帯

細身の角帯が半纏に合います。綿製で十分。こちらも華やかな色をチョイス。帯を締めると腰がキュッと締まって、背筋を伸ばしたくなるから不思議!!
  手拭い 手拭い

鉢巻や汗を拭いたり等、何かと便利。おだんごヘアにちょんと乗せるだけでぐっと小粋な感じに。いろいろな巻き方があるのでぜひ試してみてください。
地下足袋 地下足袋

御神輿を担ぐ時はベスト。色は股引きの色に合わせる。厚底のほうが疲れません。近頃はスニーカーのようにエアが入っているハイテク足袋もあります。普段履く靴よりも1cmくらい大きめGOOD!!つま先立ちしてもサイズに余裕があるから足が痛くなりません。
  巾着袋 巾着袋

帯に提げるタイプが便利。引っ掛けてもサイドにジッパーがついているから出し入れしやすいです。
靴下 靴下

地下足袋の下にはきます。こちらはピッタリのサイズでOK。。
  巾着袋2 巾着袋2

こちらは首からかけるタイプ。鉢巻や鯉口シャツに柄合わせして楽しみます。
めうがや
今回説明いただいた浅草「めうがや」
http://www.kodasho.co.jp/fashon/myogaya/myogaya.htm

股引き、腹掛けは伝統的な藍染めが定番ですが、欠点はものすごく色落ちします。新品は、体中が真っ青になるので、一度水洗いをお勧めします。他に色落ちしない黒の通称(カシミヤ)、各種柄物があります。上野なら仲通りの「丸徳履物店」、浅草ならひさご通りの「あだちや」、言問通り草津亭杜隣の「めうがや(みょうがや、と読みます)」がお勧めです。浅草はオリジナル商品です。インターネットでも色々載っていますので、検索してみてください。
永藤ビルの永藤さん
今回お祭りスタイルをご紹介するにあたり、ご協力いただいた永藤ビルの永藤さん

▲pagetop