上野中央通り商店会


メニュー

報道関連・マスメディア様等に関するお問い合わせは

上野中央通り商店会
【TEL】
03-3833-0030
【FAX】
03-3833-3053
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
土・日・祝

上野で発見

上野で除夜の鐘を打ちませんか。

寛永寺の除夜の鐘、実は二つあります。

2006年もあとわずかで暮れてゆきます。あなたにとって、今年はどんな年だったでしょうか。そして、やってくる2007年・平成19年は、どんな年になるのでしょうか。
是非とも良い年になるといいですね。

前の年の嫌な事を忘れ、新たな清清しい気持ちで新年を迎えたいという方にお勧めなのが、除夜の鐘です。テレビから流れてくる除夜の鐘を、暖かい部屋の中で聞くのもいいですが、ちょっとぐらい寒くても、鐘の音を直に聞いて、「ゴ~ン」と空気が震えていくのを感じるのもまた良いものですよ。まして、自分で打ったら寒さなんかも吹っ飛んでしまうでしょうね。

ところで、上野の寛永寺では、二箇所で除夜の鐘が打たれるってご存知でしょうか。
一箇所は根本中堂の前にある「鐘楼」、もう一箇所は朝昼晩に聞こえる、通称時の鐘と云われる「時鐘堂」です。
元々、寛永寺には、左甚五郎ゆかりの鐘楼と鐘がありましたが、明治維新の時に焼失。現在の根本中堂前の鐘は、徳川四代将軍家綱の霊廟にあり、命日などの儀式の時に使われていた鐘だそうです。
そして、時鐘堂の鐘は、江戸時代から町の人々に時刻を告げていたものです。そう、芭蕉が「鐘は上野か、浅草か」と詠んだ鐘としても有名ですね。

12月31日大晦日の夜11時半頃から、まず根本中堂で、除夜の鐘法要が行われます。そしてその後鐘楼に移り、1月1日午前0時と共に、大僧正が最初の除夜の鐘を打ち、続いて住職、そして一般の方と次々に鐘を打ってゆきます。
同じ頃、時鐘堂でも、近くのパコダで法要が行われ、新年と同時に鐘を打ち始めます。
一般の方が、鐘を打つには、事前申し込みが必要(電話番号:03-3821-1259)とのことでした。でも、申し込むことが出来なかったという方も、がっかりしないでください。去年までは、根本中堂前の鐘は申し込まれた方で一杯でしたが、時鐘堂の方は当日行っても鐘を打つことが出来たそうです。もちろん、当日でもいいですから、事前に申し込まれたほうが確実ですけどね。なお、鐘を打つのは有料だそうですので、念のため。でも、お札や破魔矢をいただけるとのことでした。

除夜の鐘って、「古くて新しい町・上野」の象徴のようにも、私には思えます。
来年、2007年が皆さんにとって、良い年になりますように、私も除夜の鐘を上野で打ってきますね。

皆様、良い年をお迎えください。そして、来年もよろしくお願い致します。

MOKO/もこ(2006年12月)

寛永寺根本中堂前の鐘楼
寛永寺根本中堂前の鐘楼
時の鐘と呼ばれる時鐘堂
時の鐘と呼ばれる時鐘堂

▲pagetop