上野中央通り商店会


メニュー

報道関連・マスメディア様等に関するお問い合わせは

上野中央通り商店会
【TEL】
03-3833-0030
【FAX】
03-3833-3053
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
土・日・祝

上野で発見

秋も楽しい上野公園

今、上野公園の大噴水広場北側と清水観音堂階段下に行燈が灯されているのに気づきましたか。

日本各地で、灯篭やろうそくを使って夜の景色を楽しむイベントが行われていますね。上野でも、今「うえの華灯路 浮世絵行燈」が開催されているんです。

場所は、上野公園の中、春には花見で賑わう清水観音堂下の道です。片側に並べて置かれた行燈には、「上野黒門前花見連」や「上野清水堂不忍池」などの絵が描かれています。
江戸時代や明治時代に描かれた浮世絵が、平成の今、公園を訪れる人々の足元を優しく照らしています。

私がお薦めの場所は、弁天堂へ向う石段。ここだけは、両側に行燈が並んでいます。そして、目の下には不忍池と弁天堂が。ただし、階段は急ですので、特に雨の日などは気をつけてくださいね。

ちなみに東京国立博物館では「大徳川展」が開催されています。東京国立博物館で、江戸時代の甲冑やお姫様の道具を見て、外に出て浮世絵に触れる。そんな江戸三昧も楽しいですよね。

このイベントは、10月31日まで。行燈は一日中置かれていますが、灯りがともるのは午後6時から9時までです。

MOKO/もこ(2007年10月)

速報です!

このイベントの延長が決まりました。
11月4日日曜日の午後9時までです。まだ見ていないという方、ぜひご覧になってください。(2007年11月2日)

清水観音堂下の道
清水観音堂下の道
「上野清水堂不忍池」
「上野清水堂不忍池」
弁天堂への石
弁天堂への石

▲pagetop