上野中央通り商店会


メニュー

報道関連・マスメディア様等に関するお問い合わせは

上野中央通り商店会
【TEL】
03-3833-0030
【FAX】
03-3833-3053
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
土・日・祝

上野のお店

江戸から続く老舗の菓子店

上野凮月堂

1747年の創業以来、江戸・東京を代表するお菓子を提供し続けてきた老舗の和洋菓子店

住所 台東区上野1-20-10 電話番号 03-3831-3106
定休日 1/1のみ 営業時間 1F売店・喫茶10:00~20:00
2Fパーラー10:30~20:00
1F・2F / 日 19:00迄
備考 店内エレベーターあり
クレジットカード可
  • ホームページ
  • グーグルマップ
上野風月堂

上野広小路交差点のすぐ横。ちょっとしたお土産に、憩いのひと時に。

上野風月堂

一階はゆったりとした販売コーナーと、待ち合わせにぴったりの喫茶室

上野風月堂

ニ階は明るい雰囲気のパーラー。ランチが人気です。

上野風月堂

ひとつひとつ釜で焼き上げた「東京カステラ」は、ふっくら食感がたまらない

上野風月堂

発売以来ロングセラー商品の「ゴーフル」

上野風月堂の歴史
上野凮月堂の歴史は、初代大住喜右衛門が大阪より江戸に下った延享4年(1747年)に始まります。喜右衛門は宝暦年間、江戸にて菓子店「大坂屋」を開業。喜右衛門の娘、恂は水野忠光の側室に上がり、後の老中水野忠邦の生母となります。忠邦は、宿下がりになった母と義父の二代目喜右衛門を菓子司として厚く遇し、大坂屋の菓子は広く評判をよびました。そして喜右衛門は松平定信公から「凮月堂清白」の五文字を、水野忠邦からは市河米庵に「凮月堂」と揮毫させた白布を賜ります。時はくだり六代目大住喜右衛門の実弟である大住省三郎が明治38年(1905年)に上野凮月堂を開業。南伝馬町の風月堂総本店は戦後、休業を余儀なくされましたが、260年余り続く菓子司としての血は上野凮月堂へと受け継がれました。平成25年(2013年)にブランド名を「上野凮月堂 大住商店」と改称。初代大住喜右衛門から連綿と流れる菓子への思いをこのブランド名に込めて、上野凮月堂は今もそしてこれからも真摯に菓子作りへの心を持ち続けてまいります。

おすすめ情報

■お土産に大人気「ゴーフル(箱入り)」(540円)
■ひとつひとつ個別の釜に入れて6面から焼き上げる「東京カステラ」(2,700円)

お店から見た上野の魅力とは?

「豊かな自然」、「情緒ある歴史」、「人情溢れる街並み」が上野の魅力です。


このページの携帯サイトはこちら。地図もあるよ

▲pagetop